引越しの時の畳・床・壁の掃除の仕方

当サイトアクセスNo1記事はこちら

引越し時の畳・床・壁の掃除の仕方

引越し時の畳・床・壁の掃除の仕方

 

旧居の掃除は荷造りとともに忘れずしっかりとやっておきましょう。
賃貸物件の場合掃除の成果は敷金返金にも関わってきます。
自分で出来るだけきれいに掃除しておきます。
畳とフローリングは掃除機をかけけたあと、住居用の洗剤を浸した雑巾を固めに絞って
しっかりと拭いて行きます。

 

家具のおいてあった回りはほこりがたまってこびりついていることがありますので、
力を入れてこすって汚れをとります。

 

ワックスが剥げている場所はつやだし用の洗剤を使って良く拭きましょう。
壁や床に小さなキズが出来たり、穴があいたりしている場合は、
市販の補修剤を埋め込んであげるときれいになります。

 

また、壁のクロスもほこりがかなりついているものです。
喫煙者の家でヤニがクロスについて取れない場合は別として、クロス専用の洗剤もありますので、
なるべく取れる汚れは取って、きれいに掃除しておきましょう。

 

面倒がらずに掃除すれば敷金が多めに返ってくるケースもあります。

 

実際に私も敷金がそのまま戻って来ました。
引越しには色々とお金がかかってしまうのでそういうところで費用を押さえたいものですね。