ペットの引越し

当サイトアクセスNo1記事はこちら

ペットの引越し

ペットの引越し

 

動物は人間以上に新しい環境に慣れるのに時間がかかります。準備の間、当日、引越し後とペットの様子をみてケアしてあげましょう。
引越しの準備をしているだけで、猫は雰囲気を察して逃げ出してしまうこともあります。また、引越しの当日犬が興奮して引っ越し業者に吠えたりすることがあるようなら、引越しの日だけペットホテルか信頼できる人に預けることも考えておきます。
忙しい引越し当日にペットの相手をしていては作業がはかどりません。
移動するときは飼い主と一緒に車で移動するのが一番心配がありません。引越し先が遠く、飛行機や新幹線などに乗らなければならない場合はケージに入れます。また、引越し前夜と当日の朝はエサをあげないでおきます。これは乗り物酔いやおもらしを防止するためです。
ふだんあまりケージに入ったことがないペットなら、入ってもおとなしくしていられるように訓練しておかなくてはなりません。
猫の場合は新しい環境に慣れるのに時間がかかります。食事、水、トイレの場所を決めて、ケージを開けたままにして、部屋に慣れるまで待ちましょう。

 

金魚や熱帯魚などは専門店で酸素を入れたビニール袋に入れてもらいましょう。熱帯魚は低い温度が苦手なので注意します。小鳥は排気ガスに弱く、鳥かごを荷台に載せて運んでいると、途中でで死んでしまうことがありますので、助手席に鳥かごごと乗せてあげると良いでしょう。
また、ワニ、ヘビなどの爬虫類等の特殊なペットは環境が変わるとどんな変化が起こるかわかりません。素人判断で運ばず、専門店でどのようにして運んだらよいか相談しておくことが大切です。

ペットの引越し関連ページ

ワレモノの荷造り
ワレモノの荷造りは細心の注意を払いたいものです。輸送中に割れたり、運ぶ途中に落としてしまったりすることがないよう、面倒がらずに一つ一つ梱包しましょう。 まず、一つ一つ、梱包材か新聞紙で丁寧に包んでいきます。
衣類の荷造り
衣類には大きく分けて二通りの荷造り方法があります。1つ目は、タンスのハンガーにかけられている衣類の荷造り。2つ目は、引き出しに畳んである洋服の荷造りです。
布団の荷造り
引越し業者によっては引越し用の布団袋を用意してくれます。なければホームセンターに行けば手に入ります。布団袋を使って梱包する場合は、軽い布団からたたんで積み重ねていき、上に重い布団を置き、その上から布団袋をかぶせてひっくり返せば上手に梱包できます。
台所回りの荷造り
包丁類は危険物として、厳重に梱包し取り扱いには十分気を付けましょう。 刃物はそのままだと危ないので刃の部分を厚手の紙またはタオルではさみガムテープなどできっちりと固定します。箱に入れるときは箱の一番下に入れます。荷解きのときに一目で包丁だとわかるようにして、子供が誤って出してけがなどしないように気を付けましょう。
冷蔵庫・洗濯機の運搬
引越の際の冷蔵庫や洗濯機の運搬は気をつけるポイントがいくつかあります。こちらのページではそのポイントについて簡単にまとめております。
書籍、CD類の梱包
書籍、CD類の梱包をするのはすぐに行うのはお勧めしません。まず、梱包する前にもう読まなくなった本はリサイクルショップなどで処分して、早いうちに整理しておきましょう。もう読まない本を苦労して新居に持って行かないようにした方が良いです。
貴重品の扱い
引越のときの貴重品の扱いには注意が必要です。現金や通帳、貴金属、有価証券、宝石、実印などの貴重品は引越しのダンボールの中に入れることはできません。引っ越し業者はこれらの貴重品を運送を拒否することが出来ます。
神棚、仏壇の運搬
引越しの時に悩むのが神棚や仏壇の運搬です。 仏壇や神棚を他の家具類と同じように扱ってよいものか悩んでしまう方もいると思います。基本的には自分で運ぶのも業者に頼むものどちらでも問題はありません。これは気持ちの問題ですが、お位牌やご本尊など魂の入っているものは、風呂敷などに包んで運んだ方が良いでしょう
庭木、植木など植物類の運搬
庭木、植木など植物類の運搬は普段やり慣れないことなので事前の準備はきちんと行いましょう。特に庭木や植物は生き物です。細心の注意をしてあげることが大切です。