市区町村役場へ転出届を出す

当サイトアクセスNo1記事はこちら

市区町村役場へ転出届を出す

市区町村役場へ転出届を出す

 

まず現住所の市区役所に「転出届」を提出します。基本的に引越しをする日の14日前から受付ています。届出をするときには顔写真つきの身分証明書が必要です。運転免許証かパスポート、ない場合は健康保険証と印鑑を持って窓口へ行きましょう。所定の用紙に必要事項を記入し提出すると「転出証明書」が発行されます。これがないと、新居での転入手続きも出来ないので、忘れずに手続きをしましょう。ただし、同じ市区町村内で引越しをする場合は引越しをしたあと14日以内に届ければ良いのがほとんどです。あらかじめ電話などで必要な手続きを確認しましょう。
国民健康保険に加入している人は、一緒に手続きを済ませておきましょう。 国民年金に関しては、引越し前の手続きは特に必要ありません。
仕事などで平日忙しい人はなかなか役所へ足を運べないかもしれませんが、今土日や夜開庁している自治体もありますので、利用しましょう。また、どうしても忙しくて行けない場合は郵送による転居届も可能です。

市区町村役場へ転出届を出す関連ページ

粗大ごみの手配
引越しの際には必ず粗大ゴミが出るものです。新居に家財道具全部持っていく人は少なく、これをきっかけに家具や電化製品を買い替えよう!と思う人は多いでしょう。この粗大ごみの処理って、やってみると結構手間がかかります。現在住んでいるの区町村の清掃事務所へ回収を依頼して、日時の予約などをします。
子供の転校手続き
子供にとっては仲の良い友達と別れる悲しいイベントですが、転校の手続きは親がしっかり行わないと行けません。幼稚園。保育園、小中学校、高校とで手続きが変わってきます。
梱包資材などの手配
引越し業者さんに梱包までおまかせパックの場合を除き、基本的には自分でダンボール箱などの梱包資材をを用意します。なるべく安く済ませたいなら、近所のスーパーやホームセンター、コンビニなどで頼んでもらってきましょう。
転居通知・郵便物転送の手配と転居通知
郵便局の「転居・転送サービス」を利用します。現在住んでいる家の近くの郵便局(どこでもよい)においてある「転居届」のハガキをもらってきて、これに必要事項を記入・捺印して提出します。これで前の住所あての郵便物を無料で1年間は新住所に郵便物を転送してもらえます。届け出るときには本人確認のための、運転免許証かパスポート、各種健康保険証、印鑑などが必要になりますので忘れずに持参しましょう。
電気・ガス・水道業者・電話の移転への届け出
電気・ガス・水道業者・電話の移転への届け出は検針票や領収証などを見て、電話をして引越しをする旨の連絡をしましょう。ここでもちろん引越しする日と新らしい住所なども聞かれますから、スムーズに答えらるよう新住所もきちんとメモしてから連絡を取りましょう。
引越し前 周辺状況把握
引越し前に下見に行ったときに、周辺状況の把握を把握しておくことが大切です。新居にばかり目が行って、周辺の状況におろそかになりがちです。まずは、新居の周辺の道路の幅、周辺の道路の交通量、一方通行の有無や新居の前にトラックを停められるかなどを確認します。